原発テントにビックリ

爆発で吹き飛んだ

福島原発の建屋に

特殊なテントを被せて

放射能物質を防ぐという

仰天プランにビックリ

テントの設計製造には、最低でも

3ヵ月はかかるらしく

あくまで冷却装置がうまく機能しいて

現場の放射線量や放射線物質の

拡散が落ち着いてからの話しらしい

布で覆うってしまえば

放射性物質の外部へ飛び散るのは

ある程度防げるが

内側では濃度が上がり

内部作業が出来なくなってしまうらしい

今すぐ出来る話しではない話しである

政府は防災服を新調してみたり

色々なパフォーマンスを考える前に

もっとすることがあるのとちゃいますか

と思う今日この頃・・・・



大阪市中央区内淡路町近辺で

24時間出入り自由! 荷物や書類の保管に便利な

トランクルームをお探しの方

是非一度、㈱臼田ビルのホームページをご覧下さい

URL:http://www.usuda-bldg.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一悟
2011年04月09日 22:02
テントはやくかぶせて欲しいです。
放射性物質がどんどん出るのをそのままにしていて
テントで覆うのをばかにしてるような人が多いです。
頭おかしいと思います。
テントの中に空気清浄機入れるくらい誰でも気がつきます。
中が暑くなるなら空気清浄機を通して熱い空気を出せばいいです。
離れた所で組み立てれば原子炉の冷却装置を直したりする邪魔にもなりません。
テントができたら引いてきてかぶせればいいです。

この記事へのトラックバック